2019年の秋のバラ剪定!!シュラブ系とハイブリッド系のバラの剪定のコツ♪

園芸は深いとしみじみ思う・・・umiushiです♪

今回は、今年のバラ剪定を例に、

去年より具体的な剪定のコツをまとめてみました!!

 

バラの種類については、こちらでまとめているので、

参考に見てください♪

1.秋の剪定とは・・・

バラの剪定はうちでは年に3回行います!!

去年、秋の剪定を記事にした時まとめました♪

→秋の剪定の時の記事に剪定の基礎を書きました。

①冬の大剪定
②春の花後
③秋の剪定

※秋の剪定は「夏の剪定」ということもあります。

今年も秋の剪定終わりました~~~

2.シュラブ系(今回はヘリテージ)の剪定のコツ。

今年は、シュラブ系の剪定を最初から最後まで、

動画で撮影してみました(≧▽≦) →最後の方にあります♪

今年の剪定は9/4にやっています。

(その後、体調を崩したりして、公開が遅くなりました💦)

コツ①どこからカットする?(基本的にすべての枝をカットする)

去年の秋の剪定記事で、シュラブ系は30cmくらい枝をカットすると書きましたが・・・

ではどこの枝を切ればいいのでしょうか・・・

 

バラの花をどのように咲かせたいかによるかもしれませんが、

公園や庭園を見ていると、一斉にぱーーーーっと咲いていますよね♡

一度にたくさんのバラが咲いていると、本当にきれいです。

その一度にバラを咲かせるのに・・・

この剪定はとても重要な役割を担っています。

同じタイミングですべての花を咲かせたい場合は、すべての枝を一度に剪定しましょう(^^)/

 

どこから剪定すればいいかって、

初心者には本当にわかりにくいですよね・・・

でも、全部切ればいい!!と分かれば、

端からまずやってみてもいいと思います♪

コツ②どうやって切る?(春の剪定の芽を目安に剪定する)

切り方です。

これも、基本的には前の記事の1つ目の動画がお勧めです。

→秋の剪定の時の記事に動画があります。

そして、追加のポイントとして!

「枝が伸びた時を想像して剪定する」です。

植物は、ただまっすぐに伸びるわけではありません。

何でこっちにこんなに長くΣ(゚д゚lll)ガーン

ということもよくあります。

手前に伸ばしたいのか、後ろに伸ばしたいのか、

イメージして剪定をすると、結果まとまった形に花が咲きます♡

 

特に壁に添わせるタイプのバラの剪定の時(今回のシュラブ系)は、

全体のバランスを見て、切る位置(芽の位置)を判断します。

具体的には・・・①手前に伸ばしたい場合の時は手前の芽を残します。
②横に伸びた方がいい時は横の芽を残します。
③壁(後ろ)に向かって伸びた方がいい時は後ろの芽を残します。

手前の方は思い切って深めに、奥の方は浅めに切ると、

壁面を覆うようにまんべんなく咲きます。

ちなみに、今回動画でご紹介している壁面のヘリテージは、

2.5mくらいの大型シュラブです。

※「芽」ですが、6枚葉の葉のつけ根部分に、芽の赤ちゃんが見えます!その向きが手前なのか、横なのか、後ろなのか確認します。

コツ③ステムを意識する!!

花の軸のことを、ステムといいます。

このステム、結構大切で、バラの種類でだいぶ違います。

「ステムが長い」とか「ステムが短い」とか言います。

 

今回のヘリテージというバラは、

そのステムが、すごーーーく長いのです。。

なので、もったいないと思って浅めに切ると・・・

そのあと大変です(;’∀’)

びよーんと高くまで延びてその先でバラが咲き・・・

ば、バラが見えないΣ(゚д゚lll)ガーン

なんてことにもなりかねません。

そういう時は、思い切って下の方でカットしましょう!!

コツ④栄養がどのくらい行き届くかを意識して

夏は日差しが強くて、とても暑いです。

人間も、夏バテなどあるように、バラにもダメージが結構あります。

これからまたぐんぐん伸びて秋に綺麗に花を咲かせてもらうには、

ある程度深めに、しっかりカットしましょう!!

これからしっかり栄養を吸収して、元気のある枝を伸ばしてもらいましょう♪

 

↓2019年のシュラブ系の剪定を動画でまとめました!

 

3.木立性のハイブリッド系の剪定のコツ。

去年の秋の記事でも書いてますが、

木立性のハイブリットの剪定は深めに切ります。

1/3~1/4くらいまで切ります。

幹が太めなので、深く切っても大丈夫(^^)/

深めに切った方が後できれいなお花が見れるので、

深めに切りましょう♪(ツルバラは違うので要注意です。)

 

ある程度深めに切っておかないと、木の背が高くなり、

間延びしたような形になってしまいます。(木の形が崩れてしまう)

 

木立性は、こんなところでしょうか・・・

後は、動画を見てみてください(#^^#)

※動画のバラは、ラ・フランスとオーガスティーヌ・ギノワッソーです。

↓2019年のハイブリッド系の剪定の動画。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA