バラって何種類あるの?バラの選び方についてまとめてみました★

umiushiです!

突然ですが、バラって種類多くないですか??

「バラ」と一言でいっても、今は品種改良もされていますし、ものすごい量の種類がありますよね。

 

私はちょっと前まで、全部同じに見えていた・・・^^;

 

1.バラを育ててみたら失敗した?!選び方大切!

そして、ヌシさんにいろいろ聞いていると・・・

キレイだな・・・と思って買ったバラが、こんなにでかくなるなんて聞いてない💦

とか、

香りもいいのかと思ったら、ちょっと違った💦

とか、後悔する人が多いようです。

 

2.バラの種類を簡単にイメージ

そこで!!

失敗しないために、簡単にイメージできるようにまとめてみましたヽ(^。^)ノ

私も勉強になった。

少し知識が増えると、外で見かけた時も楽しさが倍増しますよね♪

 

―――

※一部修正いたしました。(2019.3.1)

―――

3.バラの花をベースに、環境に合わせて選ぼう♪
1.バラの花の形は何が好き?

でもでも!!

やっぱり、最初は見た目の花の形、大切ですよね(><)

花の形もたくさん種類があるみたいですが、上の画像では3種類紹介してみました!

いわゆる「バラ」というと、剣弁高芯咲きがイメージしやすいのかな(゜-゜)

一重咲きなんてのもあるんですね!

この辺の形好きだなー・・・と思ったら、そこから選んでみるのは有りですね♪

 

2.バラの香りはどの花も同じ?

そのバラの香りはどんな感じなのか。

これが、形にこだわって、剣弁高芯咲きのモダンローズやイングリッシュローズを選ぶと・・・

思ったより香りがそこまでない??なんてこともあるみたいです。

 

実はオールドローズの方が、形はいかにもなバラとは少し違うと思う人もいるかもですが💦

濃厚な素敵な香りなものがあったりします💛

 

近くを通るとふわっと香るバラの香りも楽しみたければ、形だけでなく香りの良さも、

実際確認してから決めてもいいかもしれません♪

 

3.実際にバラを育てる環境を確認しよう

育てる場所。これ結構大切ですよね!

一軒家なのか、ベランダで育てたいのか、部屋に飾りたいのか。

バラは、一本で直立するものや、すごく大きく広がるもの、ツルで巻き付くもの、垂れ下がるもの。

本当に育ち方が様々です。

 

やはり、実際見に行って、予備知識をもって、確認することをお勧めします。

 

4.バラって枯れるとどうなる?

バラもいつかは散ります。

その散り方!!

これも選び方の一つにしてもいいと思います。

 

1.かたまって枯れるバラ(白いのが多いかも)

そのまま、枝についたまま固まって枯れます

上の方が本当に取りづらいです。

そして、ちょっと見た目汚いのに、そのままくっついてるから、放置もできない💦

最盛期は咲くのも多いし、枯れるのも多いので、一個ずつ取るのが大変です。

 

2.桜のようにばらばら落ちるバラ

私はこれ、よく見る気がします。

とにもかくにも集めるの大変

外で育ててると、雨が降ると汚いΣ(゚Д゚)

 

しかも、一軒家で育てていて、下の植物があったりすると、そこにかかって蒸れて・・・

下にある植物が病気になりやすくなります(´;ω;`)

 

3.バラは退色の仕方も種類があります

●薄くなるもの

●気温が低くなると色が変わるもの

 

人によっては、グラデーションをたのしめたり、汚いと思ったり・・・

確認するに越したことはないかと!

 

※花持ちも結構違うので、そこもポイント♪

 

5.バラを置く場所の周りの景色も考えて選ぼう

例えば、ギネというバラを植た時、小さいときはすごくきれいだけど、

大きくなる種類で、後ででかくなりすぎて赤が強すぎてありすぎるとうるさくなる。

ということがあります。そのものはとても素敵なバラです。

 

イギリスの古城とかだと、お城自体が陰があって、バラがすごく映えるけど、

日本の白い壁の家には、強すぎて、ヌシさんは失敗したそうです。

 

太陽のあたりかたによっても(置場所)、映えたり映えなかったり。

鮮やかすぎると、強すぎたりもします。

 

そんなことも、一緒に注意すると後で後悔しないでしょうか?(^_-)-☆

 

 

 

簡単ですが、こんな感じでしょうか。。

 

やはり実際見て、お店の人に確認することをお勧めします(*^_^*)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA