バラの花がつかない?花の咲き方が剪定で変わる。秋の剪定を例に説明してみました(*^_^*)

umiushiです♪

出産後で余裕が全然ありませんね~

 

今日はバラの剪定について書いてみようと思います(^^)/

これを、忘れるとバラは全然花が咲きませんΣ(゚Д゚)

バラの花が咲かなくて困ってる方もいると聞きました。。。

 

バラは、はさみを入れて剪定をしないと(伸びっぱなしのままだと)、成長がジリ貧になってしまいますΣ(゚Д゚)

常に新しい枝を出させておくと(枝の更新という)、

「バラは永久に生き続けられる」とも言われています。

ので、大事な作業です。

 

1.バラの剪定は年に3回!

3回の剪定が成功すると、春と秋に花がきれいに咲きますヽ(^。^)ノ

1回目:冬の大剪定(2月)

1年の最初にやる、大、大、大剪定!!

春の花を美しくたくさん咲かせるための剪定で、

超深くきって、葉も全部落とします!

バラは、冬は休眠期なので、

深切りしてもダメージがありません(*^_^*)

春に芽を出すときに、肥料がきてるのに何もないから芽を出さなきゃ!!(バラの声)

ってなるために。

この時期は、1/2~1/3ぐらいばっさり切っちゃいます。(特に木立タイプ)

ポイント剪定時は、すべての葉を落とすのがポイント。
病気を持ち込ませないためと、芽出しの促進!!

 

2回目:春は花後の剪定(5月~6月)

バラは5月が、1年間で一番華やかにぱーっと咲きますヽ(^。^)ノ

冬の大剪定の成果が現れます。

 

そして、春、花が咲いた後に

花後の剪定ををすると、

花を長く楽しむことができます。

 

あ、枝は切らないので、「剪定」というより、

花がら「摘み」といった方が、合っているかもしれません。

 

花が枯れ始め、枯れ始めた花をそのままにすると、

枯れて実ができ種ができます・・・

そうすると…見た目が汚い(゚Д゚)

しかも、栄養が花ではなくて実に取られる( ;∀;)

ので、それを防ぎます💦

それをさせないことで、次の別の花に栄養を与え、

立派な花を持続させます( ゚Д゚)

ちょっと、かわいそう・・・(笑) by umiushi

 

ポイント枯れた花をどんどん摘んでいくのがポイント。

栄養を枯れた花に取られないようにします!!

 

花がどんどん咲いてくるので、すべての花がらを摘み取ります!

実をつけて、身体を弱らせない!!

次々に咲く花に栄養をとどけましょう(*^_^*)

 

これが結構大変_| ̄|○

なので、ヌシさんは1週間くらい仕事を休みますw

(普段は庭と関係ない仕事をしています💦)

 

3回目:夏秋の剪定(8月末~9月初)

秋にもバラは咲きます♪

気温が低いときの花は花持ちがいい&色が深いです💛

数は少ないけど^^;

冬の剪定ほどは切りませんが、葉を少し残して剪定していきます!

 

2.剪定方法、基本の説明

基本として、まず、芽が出る5mm上を切っていきます。

(次の芽がそこから出ます。バラは必ず新梢に花が咲きます♪)

伸びた先をイメージして、剪定の深さを調節していきます。

切る箇所によっては、芽が出る数にも影響してきます。

また、残る葉っぱの数によっても花の数に影響するので、秋はあまり下の方でカットするのは注意が必要です(><)

↓こんな感じです(*^_^*)_秋の剪定を例にしています。

 

↓もう少し切っているところを撮影してみました。

 

3.バラの種類で剪定が変わる?

ここの説明が・・・

超複雑で大変です・・・

なので、今回は秋の剪定で簡単に(;^ω^)

※バラの種類はこちらで確認♪

a.木立タイプ(基本の剪定)

ツルのように伸びないタイプのバラは、

残す葉を考えながら、バッサリ切ってても大丈夫^^b

特に冬は結構深めに剪定します。

幹が太いので、深く切ってもちゃんと成長してくれます(*^_^*)

ポイント冬:1/2~1/3をカット
春:花がら摘み
夏:1/3~1/4をカット
b.シュラブ系とつるタイプ(基本の剪定)

シュラブ系は、株立ちといって、地面近くに塊があり、

そこから2m以上に伸びていきます。

つるタイプは2.5m~10メートルくらい、つるがひょろひょろ~

っと伸びていきます。

 

なので、咲いて欲しい場所をイメージして、

全部の枝を、先から30cmくらいのところでの剪定をします!!

深く切ると短くなりますし、

幹が太くないので枯れてしまうこともあるので要注意💦

 

 

 

 

今日はここまで。

今年度は病気と熱さで、葉っぱが結構落ちてしまいました(´;ω;`)

あまり深切りすると、葉っぱがなくなっちゃうから去年の秋は少し甘めに剪定しました。

薬を撒きまくれば、葉がおちることはないのですが…ヌシさんちはそこまでやってません(*^_^*)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA