ジャワティーを頂いて、マイナーな産地の紅茶があったので紹介♡

★このページは「MOZUKU☆」が書いています(^^)★

1.キッカケはジャワティー♪

ジャワティー、昔から好きでした♡シンビーノのペットボトル、無糖のジャワティーは馴染み深いですよね(*^^*)

癖のない、渋味の優しい無糖のストレートティーは食事との相性も抜群!!

 

そんなジャワティーの茶葉を頂きました♡

たっぷりサイズ♡

やっぱりジャワティーはアイスティーが好きだな~♡

B&Lジャワ紅茶・・・と書いてあります。

調べた所、販売店はなくて通販でもあまり見かけない・・・。

知り合いの知り合いくらいにもらったんだけど、それもまたもらい物で、結局どこで買えるかわかりませんでした・・・(゚д゚)!

不思議・・・(*´Д`)

 

2.マイナーな紅茶?のご紹介
1.ジャワティー

で、ジャワティーは決して珍しい産地じゃないけど、インド、スリランカ(セイロン)に比べたら茶葉としてはまだまだマイナーになるのかな?

そこで今回はうちにあったちょっとマイナーな産地の紅茶をご紹介(^-^)

ちなみにご存知とは思いますが先ほどのジャワティーはインドネシア産。

 

2.ケニアの紅茶

次はケニア。

紅茶の産地として定着していますね。

ブレンドティーに使われていることも多いのでブレンドティーを買う時、裏のラベルを見てどの産地の茶葉をブレンドしているのか見るのも楽しいですよ♡

これは日本ケニア交流会のケニアティー♡

ホームページから取扱店が調べられます!

↓こちらからも購入できます♪

ケニア山の紅茶(PF1) 250g

ケニア山の紅茶(PF1) 250g

1,404円(09/23 21:06時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

3.バングラディッシュの紅茶

バングラディッシュ産。珍しくて即買いしました。

↓パッケージは違いますが、こちらもバングラディッシュ産♪

 

 

4.ドアーズの紅茶

ドアーズはインド産。

ドアーズは有名だけど主にブレンドに使われているイメージ。

バングラデシュ、ドアーズ共に株式会社デコラージュさんの商品。

ネットでも買えるみたいですよ(^-^)

※ドアーズ産は現時点でネットでは買えないかもです💦(2018/11/9)

 

5.マレーシアの紅茶

マレーシア産。

珍しい・・・けど売っているお店はルピシアさんです。

なので比較的手に入れやすいかも。

売っている時期は年中ではないみたいです(^-^)

 

6.ネパールや・・・その他いろいろの紅茶

うちにはなかったけどネパール産の紅茶もボチボチ知られているようです。

あと前の記事でも紹介したトルコのリゼ産紅茶も珍しい。

ミャンマーも紅茶を飲むらしいけどミャンマー産の紅茶って売っているのかなぁ・・・(^^)

 

3.紅茶のできる環境は決まっている

こんな感じで世界中で紅茶は生産されているんですね。

ただし!

茶の木、カメリアシネンシスが育つ環境は決まっています。

赤道を挟み北緯45度から南緯35度。

この地域をティーベルトと呼びます。

しかも!

そのティーベルトの中でも高温多湿な熱帯、亜熱帯気候で、昼夜の温度の差が激しい土地が紅茶の栽培には最適です♡

 

もちろん!日本もお茶の産地で紅茶も作られていますよ!

 

紅茶で有名なイギリスは、茶の木が育たないので中国から紅茶を輸入したり、

植民地だったインド、スリランカで栽培させたものを、その土地の水に合わせたりしてブレンドします。

ブレンドすることにより、どの時期でも一年中、変わらない同じ味を楽しめるようにしたわけです。

なのでイギリスは紅茶のブレンドの国。

優秀なブレンダーさんがいつでも変わらぬ味をイギリス国内をはじめ世界中に届けてくれます♡

こんな歴史背景から、紅茶は世界中で愛されているのですね♡

 

国によって飲み方にも個性があるみたいだから、調べて比べてみるのも面白いかも♡です!

 

小学生のお子様をお持ちの奥様方、

来年の夏休みの自由研究のテーマに「世界の紅茶の産地、飲み方」お子様とご一緒に、

今から調べてみてはいかがでしょうか?(笑)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA