【4月と5月を比較】夏に向けて、ボーダーガーデンを作っていこう♪ポイント4つ。

umiushiです(^^)

イギリス風の、絵画のような自然なお庭を作りたい!!

と思っても、いざ植えようとすると、どうすればいいのかわからない・・・

ということで、具体的な植物の遷移を見て、どんなイメージをもって植えればいいのかまとめてみました♪

 

1.ボーダーガーデンを作る時のポイント(簡単に)

ボーダーガーデンは、

「高低差」「色合い」「日向or日陰」「葉の形」etc…

これらをうまく組み合わせて、作ります。

 

歩きながら、または狭くても、見る角度が違えば、

いろいろな楽しみ方ができます(*^_^*)

今年の、お庭で具体例をご紹介♪

 

2.【狭いけど奥行き出したい!】成長したときに奥行きがあるように見せるには?

「大きく成長する植物」「日陰で色鮮やかに育つ植物」の組み合わせがポイント!

「4月」

「5月」

で囲ったバラ(左:ホワイトメイディランド、右:フェリシア)がメインで、大きく成長する植物。左は少し手前に、右は少し奥にすることで、遠近感がでます。バラはイングリッシュガーデンにか欠かせません💛

で囲んだ植物が左から、ヒューケラ・クリスマスローズ・フウチソウ。日陰を明るくし、葉の形がアクセントになるので、互い違いに存在感が出るように植えると、で示した道が、4月はまっすぐだったのが、5月は曲がっていて、奥行きがあるように見えます。

 

3.【日陰でお花が植えられない💦】お花がなくても、高さと葉の色組み合わせで、日陰でも、オシャレに

少し日陰になってしまう場所は、日向の植物を引き立てる!
お花を植えるのではなく、あえて「葉」に注目し、高低差や葉の質感をうまく組み合わせればオシャレな庭に♡

「4月」

「5月」

が高さが中~高で、左から、細葉のコントラストがきれいなヤグルマギク・ロシアンセージ・ベロニカフェアリーテイル・ガウラ。

が高さが低めの、左からアスチルベ・チョコレート将軍・ユールォルビア・ラムズイヤー。この低めの植物がポイントで、黒い色がアクセントなチョコレート将軍やこんもり生えるアスチルベとユーフォルビア。羊の耳を連想させるふわふわラムズイヤーが日陰を楽しく彩ります(^^)/

 

4.【日陰の角を飾りたい!】ボリュームを生かして、角を飾る。

ボリュームのある植物をうまく組み合わせて、アクセントになる植物を添えるのがポイント!

ここでも注目は「葉」の形や質感が大切♪

「4月」

「5月」

個々の角は、さまざまなタイプの「こんもり」を組み合わせています(^^)/

Eのギボウシが大きめなので、中央付近に存在感を出して、A(ツゲの生垣)・B(ホワイトギボウシ)・C(リリオペピュアブロンド)・D(クリスマスローズ)です♪

□がアクセントのエルモフィラ!シルバーのふわふわしたギザギザの葉が、こんもりの中で目を引きます(*^_^*)

 

 

5.【日向は見せ所!】小花をうまく使って、角をかわいく配置💛

日向では、小花で華やかにレイアウトができます♪

置物を置いたりして、少しアクセントをつけると効果的!!

「4月」

「5月」

かわいいお花たち(*^_^*)

A(ライスフラワー)・B(カンパヌラ涼姫)・C(オダマキグリーンアップル)・D(ギリア)・E(ゲラニウム)・F(カンパヌラアルペンブルー)・G(ツリージャーマンダー)

は小花の背景に♪左から、アイビーとユーフォルビアです!全部お花にすると、やっぱりガチャガチャしちゃうので💦
緑も程よく入れましょう。。

 

 

どこか、使えそうなポイントはありましたでしょうか?💦

想像して植えても、思った通りにいかないことももちろんたくさんあります(;’∀’)

育ってから植え替えたりすることも( ゚Д゚)

 

でも、意外な成功もあったりして♪

それも楽しいですよね(*^_^*)💛

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA