秋は種まきの時期♪第一弾はビオラとロベリア!

umiushiです♪

前話していたテッポウムシの話ですが・・・

6匹やっつけたら・・・

どうやらもういなくなったようです(/・ω・)/

やったー(/・ω・)/

今年はテッポウムシ対策ほぼ終わり♪(観察は続けます。)

 

1.秋の種まきは3段階に分けます(^^)

※出産を挟んだため、今年は2段階目まで記事にしました。(2018/11/2 追記)

ちょっと涼しくなってきたので、種まきの時期です(^^)/

最高気温と最低気温と天気と風で、実行する日を決めます♪

植物は、発芽するのに気温が大きく影響するので、タイミングを見計らいます。

植物が発芽するのに必要な地温状態を「発芽適温」と呼び、種を買ってくると袋に書いてあります^^★

POINT・最高気温(発芽に重要)
・最低気温(発芽に重要)
・天気(晴れてないと作業できないから)
・風(あると種が飛んで行っちゃう💦)

 

2.秋1番最初に蒔くのはビオラ(パンジー)とロベリア
a.秋1番の種まきのポイント

第1段はビオラ(パンジー)とロベリアの2種類!!

比較的残暑が残る夏の終わりから、タイミングを見計らって日にちを決めます。

POINT・最高気温(30℃いかないくらい)
・最低気温(20~23℃くらい)
・天気(雨が降ってない日)
・風(壁に囲まれていれば、多少あっても大丈夫💦)

b.道具と土を準備しましょう♪

道具はこれ!!

種と鉢とスコップと耳かきが必須です!

使う鉢●ビオラの種→ぎりぎり目視できるので右の丸い鉢を使います★
●ロベリアの種→カスのように小さい種なので、真ん中の仕切りのある鉢(バーゲンガーデン)を使います♪
●一番左は、土のブレンド用。

 

土は、保水性と排水性が大切です!!

相反するようですが、芽が出るには両方の要素が必要で、両方兼ね備える土を作ります(^^)/

ヌシさんちでは、「さし芽種まきの土」と「赤玉(小粒)」を半々でブレンドします!

「さし芽種まきの土」でしっかり水を吸収できるけど、「赤玉土」があるから蒸れない!蒸れないのが重要!

赤玉土は小粒が重要!!

 

 

 

 

そして、ブレンドした土を水で湿らせます!

ジョウロ&底面吸水で。(底面吸水は、後で説明してます!)

 

ここでポイント。鉢も一緒に湿らせてください(゚д゚)/

鉢が乾いてると、底面吸水の効果が半減します💦

ジョウロでじょぼじょぼぬらしてOK。

 

黒い穴あきの鉢(バーゲンガーデン)の方は霧吹きで♪

 

3.ビオラ(パンジーより少し小さめ)の種まき
a.ビオラとは・・・

ビオラは、パンジーよりちょっと小さめで・・・

花の大きさが5cm以上がパンジー、5cm以下がビオラといわれるとか言われないとか・・・

 

ヌシさんは、ナチュレという品種のプラムパープルが好きなので、今回はそれを蒔きます♪

いろいろな色があるから、混ぜたりしても楽しいかも♪

中にちっちゃい種の入った小さい袋が入っています。

 

b.ビオラの種の蒔き方

① 種を、半分に折った固めのはがきに入れます。やりやすい。

これで100粒以上あります。

② ぎりぎり目で見えるので、そのままパラパラ~っと蒔きます。

③ そして、種がくっついていないか見ながら、耳かきで種移動w

umiushiは・・・ここまでしなくても(笑)と思いましたが(笑)

 

④ 上から土はかぶせません!

種の種類によりますが、ビオラは発芽に少し光が必要です。

嫌光性と好光性があって、ビオラは好光性寄り!

何年かいろいろ試した結果、ビオラの場合土は種の上にかぶせないのが一番発芽率がよい感じ♪

 

⑤ 水をちょっとだけ撒きます。

ただし!!いっきに水を撒くと種が流れるかもしれないので、要注意!!

霧吹きでほんの少しか、心配ならかけなくてもいいかも。

 

⑥ 上から水をいっぱい撒けないので、底面吸水をメインでします。

鉢の下にお皿を置いて、ジョウロで2~3cm水を入れます。

 

⑦ 気温が比較的低い北側&風通しのいい暗いところに置きます。

ヌシさんちでは、玄関が最適!

 

これで、だいたい全部発芽します♪

ビオラの種まきおわり(#^^#)

1週間ほどで芽が出ます!!

 

 

4.ロベリアの種まき
a.ロベリアとは・・・

ロベリアは花が小さいスミレみたいなお花で・・・(形はだいぶ違うけど💦)

今の時期はこんな感じ♪

今の時期はちょっとしょぼいけど💦

春はいい感じになりますm(__)m

夏に弱く、秋に残った種がこんな感じで咲きます(#^^#)

いろいろ色が混じってると、自然な感じでいい感じなので、ミックスを探してきて買います(/ω\)

苗で売ってるのを探すと、一色ごとにしか売ってないことが多いです(><)

 

 

b.ロベリアの種の蒔き方

① ロベリアは黒い穴あきの鉢(バーゲンガーデン)に入れるので、種をまく前に手でちょっと押して、整えるといいです。

どこに蒔いたかわかんなくなるし(笑)、土がふわふわだと根っこが浮きます(;’∀’)

必要があれば、上から「さし芽種まきの土」を追加でかけると、種が「赤玉」に埋もれなくていいです。

※赤玉の間に種が入ると、水を吸えなくなる場合もあります💦

 

 

② 種をまく前に、霧吹き!

霧吹きで土をしっかり湿らせて、手でちょっと抑えて、土を安定させます!!

 

③ 種を、半分に折った固めのはがきに入れます。(ビオラと一緒)

これで500粒くらい。(ちっさΣ(゚Д゚))

 

④ 種の蒔き方にコツがいります!!

まず・・・椅子がいります!!(笑)

疲れるので(-_-;)

なぜって・・・超ちっちゃいので、耳かきで7粒くらいをすくって黒い穴にちょっとずつ蒔くからです。

ネットでは種まき用の道具とか売ってるみたいですが、耳かきお勧め♪

これしか撒いてないのに、芽が出るとぎゅうぎゅうになります(笑)

どこに蒔いたか忘れないように注意して💦

 

⑤ ロベリアも土は上からかぶせません!

ビオラのとこで書きましたが、ロベリアも好光性★

 

⑥ 上から水をまきたいので、飛ばないように霧吹きで軽く水を撒きます。

 

⑦ ロベリアも上からたくさん水を撒けないので、底面吸水します。

↓バーゲンガーデンは深さがないので、水に浸りすぎないように注意!!

水に浸りすぎも、蒸れるし、窒息しちゃうΣ(゚Д゚)

ヌシさんは、発泡スチロールに穴をあけて水の浸りすぎを防いでいます。(雑。笑)

 

⑧ 風通しのいい暗いところに置きます。(ビオラと一緒)

 

ロベリアの種まきおわり(#^^#)

ロベリアは10日くらいで芽が出ます♪

 

5.種まき後の注意

水がなくならないように追加で底面吸水を忘れずに!!

芽が出たら、黒いポット苗に後で移動します(鉢上げ)。

栄養を独り占めしてもらうためです!

強いのだけ残してもいいかもですが、ヌシさんは全部育てます。(笑)

鉢上げすると、1個1個がしっかりして、お勧めです♪

 

以上。

まとめるの疲れた~w

 

ここまで読んでいただいてありがとうございましたm(__)m

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA