フレーバーティーがちょっと苦手...でもアールグレイは大好き♡(嗅覚と味覚の不一致=脳ストレス)

★このページは「MOZUKU☆」が書いています(^^)★

1.フレーバーティーが苦手な人はなぜ苦手なのか

フレーバーティー…。

紅茶が大好きだけど、実はこのフレーバーティーがちょっと苦手なんでよ、私…。

 

フレーバーティーはアーティフィシャル(人為的、人工的)に香りが着けてあります。

自然なフルーツの香りとかはいいんだけど、アーティフィシャルなのはちょっと苦手...。

 

その理由をずぅ~と考えていました。

アップルティーとかピーチティーくらいは、まあ、そんなに感じなかったんだけど・・・

フルーツじゃなくて香水のような甘い香りで大人気のフレーバーティー(商品は特定しません。ご想像にお任せします)

を飲んだ時、「!!」ってなりましたね。

 

嗅覚の情報。

香りは甘い、香水のよう=脳内では飲み物、食べ物を想像、認識していない。

もしくは甘い食べ物を想像している。

なのに!

口に入れると(砂糖なし。基本筆者は砂糖を入れない)

紅茶が特有の渋味=「なんで!?この香りでこの味??」

嗅覚と味覚の不一致により脳内がパニック(;゚Д゚)

 

でもでも...

お値段もお高いし、みんなが美味しいっていってるし、もったいないし...

と飲み続け...

脳ストレス...

はぁ...

 

みたいな(;´Д`)

 

まあ、筆者のあくまでも個人的な感想ですが。

 

あ、誤解しないで頂きたい。

フレーバーティーも美味しいものも沢山あります♡

 

元祖フレーバーティー、みなさんお馴染みのアールグレイは大好きです♡

香りがきつすぎるのは苦手だけど...。

 

アールグレイは基本、茶葉は渋味の少ない、紅茶としての個性も主張も控えめの中国茶葉を使用。

(色々と歴史があります。今回は割愛)

そこにベルガモットの香りを着香。爽やかです♡

 

これも考えましたね。何で嗅覚と味覚が違和感を感じないで美味しく飲めるのか・・・?

 

「!?」そもそもベルガモットってどんな味?...

わからん(‘Д’)

そう!

ベルガモットの味なんて知らないんです。

もともと。

だから香りをかいでもベルガモットの味を想像しない

アールグレイはそのままアールグレイだと最初から認識されている!

これです!

きっと...!

さすが200年の歴史!

 

はあ...スッキリ(;´∀`)

勝手に自己解決。面倒くさいヤツなんです、私(^-^)

 

2.お勧めのフレーバーティー(アールグレイ)

ではここらへんで、最近頂いた美味しいアールグレイをアイスティーで頂きます♡

 

英国チャールズ皇太子設立ブランドHIGHGROVE(ハイグローブ)のアールグレイ、オーガニックの紅茶です。

香りも自然でとっても爽やか、優しい味♡ 機会があったらお試しください♡

リーフティーとティーバッグがあるみたいですが、頂いたのはティーバッグ♡

らくちんなやつです♡

こんな感じ。

紐がついていません!

なのでこのまま温めておいたティーポットにお湯を入れ、2,3個ポイポイっと入れて蓋をして蒸らします。

蒸らし時間は書いてないけど、まあ3分くらいは蒸らしますね、私は。

時間が来たらポットを軽くクルクルっと振って中を馴染ませたら、氷をたっぷり入れたグラスに一気に注ぎます。

このポットは3杯分♡出来上がり♡

ストローを使わないで、直接グラスから飲んで欲しいです。

香りがメインの紅茶ですから♡

 

フルーツタルトはストレートで。

カヌレはミルクティーで頂きまぁ~す♡

 

日本ではティーバッグの紅茶はカップで作るけど、イギリスはポットにもティーバッグを使うみたい。

だから紐なしティーバッグでいいんですね。

みなさんもポットにティーバッグをポイポイっと入れて、手軽に紅茶を楽しんでみてください♡

 

 

通販だと、缶のリーフティーが安いみたい♪ (缶入りのティーバッグも見かけました♪)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA