いろいろな乳、混ぜる

★このページは「すみれの瞳」が書いています(^^)★

1.紅茶の楽しみ方

紅茶には様々な楽しみ方がありますね!!

 

ブラックティー(ストレートティー)という括りだけでも・・・

としても温と冷

砂糖やはちみつなど甘みをつけても、

レモンやいちご、桃やマスカットなどフルーツを入れても♪

 

一種類の紅茶があれば無限の楽しみができる!

 

それが紅茶ならではの魅力かなぁと思います(о´∀`о)

 

2.ミルクティーでアレンジ♪

アレンジティーの最たるものとして挙げられるのはやはり・・・

ミルクティーではないでしょうか!

 

私もミルクティーは大好きで、

ミルクの括りだけで小一時間はお話できるわけですが、

今回はいろいろな乳を混ぜるお話にしようかと思います。

 

1. ……いろいろな乳とは(・・?)

①牛の乳が牛乳

②豆の乳が豆乳

③アーモンドの乳がアーモンドミルクです。

 

うちには大体この三つの乳が常備されています。

混ぜる乳は気分によって選びます。

 

……うーん、

私の推し乳は牛なので、牛乳切らしたら植物性の乳に移行することが多いかなぁ?

 

 

2. 乳の量はどのくらいが適正か。

……完全に好みですよねー(・ω・)

 

私はミルク多目が好きですが、

目安としては水色がクリームブラウンになるまで、

といったところでしょうか。

 

そのため、ミルクティー用には味がしっかりかつ水色が濃い紅茶

(産地で言えばディンブラ、ウヴァ、ルフナ、ケニア、ブレンドで言えば、イングリッシュブレックファーストなど)

を選んでおります。

 

これも好みなので、水色薄くても自分が好きならそれが正解です!

 

3. さて、それぞれの比較を。

今回はアイスティー

(ブリューティーさんのイングリッシュブレックファーストです)

 
を2/3、各ミルクを1/3でテイスティングです(*´꒳`*)

 

比較①ではまず定番の牛の乳こと牛乳と紅茶。

ここは牛乳こだわると長いので、とりあえず手近で手に入る牛乳にしました!

至って普通のミルクティーです。

……うんうん、美味しいねぇ(*´꒳`*)

②次に豆の乳こと豆乳と紅茶。

牛乳が基準なので、独特の甘みを感じます。

私は豆感かんじないけど、きっと嫌いな人は感じるのでしょうね、人間、嫌いなものほど敏感ですから。。。

よせばいいのに味を探してしまいます(。-∀-)

③最後アーモンドの乳ことアーモンドミルクと紅茶。

やはり独特のな甘みそれとともに、香ばしい香りも!

要はナッツティーになる感じですね!

であれば、アーモンドミルクはあまり癖のない紅茶と合わせた方が無難ですねー。

 

特徴的なフレーバーだと口の中で喧嘩が始まるかもしれない(・・;)

というところで、三つ並べてもあまりインス●映えしない写真になるので、最後におやつ♪

………えへへ、美味しいし可愛い♪(*´꒳`*)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA