イングリッシュガーデンはポリシーが大事?

初めに

これから、お庭を素敵に作っていこうと思ったら・・・
何が重要なんでしょうか。
キッカケはなんでしょうか??

キッカケは?バラが好き?
イギリスで見た庭が忘れられない?
おしゃれな庭にしたい??

いろいろなキッカケがあると思いますが、始めようと思うと、

何から始めればいいのか^^;
思い描く景色は想像できても、最初の2~3歩が難しい!!

と思ったりする人も多いのではないでしょうか。

umiushiがこのサイトを運営しているのもそんな感じの状態ですw
初めてって大変^^;

そこで!!
庭のヌシさんに聞いてみましたところ。

ヒントを得ました!!

イングリッシュガーデンといえば・・・

「バラ」です♪
「バラあってこその庭!!」という感じ。
「バラが一本あるだけで庭に品格が生まれる!」

ヌシさんの人生の中で、今の庭ができるまでの間に、父に教わり、国際バラとガーデニングショーで衝撃を受け、
イギリスのガーデン巡りで刺激を受け、「ドクター・W・バンフリート」に出会い・・・

バラにとても大きな影響を受けています。

何をメインにしたいのかは、お庭のテーマを考えるうえで重要なのかな?と思いました(#^^#)

※最近はメドウガーデンが流行っており、草だけの広大なワイルドガーデンもイギリスでは流行っているようです♪

1.全体像を想像する

ヌシさんのこだわりは・・・

こだわり・庭をどのアングルから見ても、絵画のように美しく、しかもナチュラルに!!
・色使いがとても大切
・草木はのびやかに生き生きしていること(詰め込みすぎ注意!!)

イギリスでは、バラのポールヒマラヤンが大木にのびのびと絡まっていたり、
柔らかな色彩のボーダー花壇の周辺には豊かな野生の自然があり、「庭は少し手の入った自然」だそうです^^
カンパニュラやセージ系などの宿根草などボーダーガーデンとバラの組み合わせも素敵。

それらを考えながら、自分の創造性を最大限に表現する♪
(日本だとそのまま真似はできないかもですが(´;ω;`))

2.何が一番の目的かを忘れない

自分の癒しのため!!これ大切。
バラだけでなく、好きな色合いと好きな花の香りを集める。
(ヌシさんの庭は、草花は風を感じられるような小花とブルーを中心としたパステルカラーをプラス!)

3.季節を考える

芽吹き・成長・時季による花の種類・紅葉を一年中楽しめるように・・・
ポイントは、葉の形や色あいは結構違うので、そこにも注目して変化が常にあるように、植物の種類を選択すると、飽きなくて続けやすい。
そうすれば、いつもワクワクとした期待感を持って庭に出られます♪

4.庭の形を考える

ヌシさんの庭は細長いので、それを生かして奥行きを感じられる庭に!としています。
自分の持っている、ベランダや庭の形(土台)を生かせるように・・・高性~低性を考えながら配置するといいみたいです。
ハンギングを効果的に使うこともできます♪

育てたことがない品種を植えたときは、想像と違って、サプライズになることもあり、
それはそれで楽しいですよね♪

最後に・・・

ヌシさんは、20年多少の状況は変わるにしても、ほぼフルタイムで庭と関係ない仕事をしていますΣ(゚Д゚)
信じられないΣ(゚Д゚)
それでも、ここまではできる!!
ポリシーを持って、好きという気持ちを忘れないで!!

umiushiにはできないけど!笑

ので、忙しくて時間が取れない(><)としても、やり方はいろいろありそうです!!

細かいコツを見つけたら、またご紹介していきます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA